表現手段としてのレーザー光とは─アーティストが語るその魅力

◆田中敬一(タナカ ケイイチ)
光・環境造形作家 レーザー・アーティスト
桜美林大学芸術文化学群ビジュアル・アーツ専修 教授

1977年 北海道教育大学卒
2014年 空間デザイン大賞2014ゴールドアワード
2016年 フィレンツェ マルチメディア フェスティバル入選招待公演
2017年 New York City Electoro Acoustic Music Festival入選招待公演
レーザー光をはじめとする様々な光源を使った空間デザインを手掛け,環境の中の光が持つ人々へ働きかける感性分野での役割の先鋭化をめざす。発表のステージは海外十数か国におよび,アートシーンでの活動にとどまらず,公共建築空間,都市計画,教育など多岐にわたる。特に大学教育と都市機能とをリンクさせたデザインプロジェクトは,他に類例のない大規模建設現場,空港や船舶,航空機,最新鉄道車両を教育活動の場とし,東京2020文化オリンピアード参画プログラムの対象となるなど,メディアが注目するユニークな内容となっている。
k-one space https://k-onespace.com/

レーザーには加工や通信をはじめとして様々な応用があるが,他とは少々趣を異にするものにレーザーアートがある。自然界に存在しないレーザー光は,それまでの照明とは全く異なる印象を見る者に与える。絹糸のように絞り込まれた光線を目にしたとき,人々がそこにアートへの可能性を見出したのはごく自然の成り行きだろう。

レーザーアートの登場は意外と早く,わが国でもレーザー発振から10年後の1970年には,日本万国博覧会で画家の宇佐美圭司氏による作品が披露されている。現在でこそ舞台やステージの演出としてのレーザーは珍しくなくなったが,そこには機材の進歩も大きな役割を果たしてきた。

今回はレーザーアートの第一人者である,桜美林大学教授の田中敬一氏に,使用する機材や自身の作品についてお話を聞かせて頂いた。アートらしからぬ技術的な苦労も交えたそのエピソードを,是非ご一読頂きたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • レーザー核融合技術をクリーンエネルギーや脱炭素化の手段にする! ㈱EX-Fusion 松尾 一輝 2022年06月07日
    • Opticaが目指すものとは? ─学会も変化が求められる時代へ Optica 会長 河田 聡 2022年05月20日
    • SDGsに貢献する光技術となるか? ─太陽光励起レーザーの現状とその可能性 東京工科大学 大久保 友雅 2022年04月08日
    • CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ
      CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ 千葉大学 尾松孝茂 2022年02月17日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第三回「人工光合成研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日