見えない脅威を光で暴き出す! 乱気流を捉えるドップラーライダーとその開発

◆井之口 浜木(イノクチ ハマキ)
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 航空システム研究ユニット 研究領域主幹

1983年 東京理科大学 理工学部 機械工学科 卒業
1983年 科学技術庁 航空宇宙技術研究所 研究職
1994年3月~1995年2月 オランダ デルフト工科大学 客員研究員
1996年 科学技術庁 航空宇宙技術研究所 主任研究官
2003年9月~2006年3月 国土交通省 航空局技術部 航空機安全課 航空機検査官
2007年 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 主幹研究員
2017年7月より,国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 研究領域主幹

航空機の事故は機体や制御装置の進化もあり,特に大型旅客機では減少傾向にある。実際,ここ5年ほどの日本国内の民間航空機の事故による死者数は10人以下で推移しており,事故件数では小型飛行機がその多くを占めている。

その中にあって目立つのが乱気流による大型旅客機の事故だ。乱気流に巻き込まれると機体は激しく揺さぶられ,シートベルトをしていない乗客や乗務員だけでなく,ワゴンまでもが宙を舞い,床や天井に叩きつけられる。そのため,けが人が出ることも少なくない。

最悪の場合,墜落に至ることもある乱気流だが,航空機に搭載されている気象レーダーでは捉えられないことが大きな問題となっていた。

そこで宇宙航空研究開発機構(JAXA)は,ドップラーライダーを用いて遠方にある乱気流を検出する装置を開発した。航空機を守るためには数キロ先の乱気流を発見する必要がある。今回はその装置と技術について,研究領域主幹の井之口浜木氏に話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日
    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日