巨大望遠鏡で宇宙の起源に迫る! ─開発が進むTMT望遠鏡の光学系とは

◆尾崎 忍夫(オザキ シノブ)
国立天文台 TMT推進室 特任研究員

2001年京都大学大学院理学研究科博士課程 物理・宇宙物理学専攻 単位取得退学。博士(理学)。
兵庫県立西はりま天文台,国立天文台 岡山天体物理観測所を経て国立天文台 TMT推進室へ。大学院時代から観測装置の開発と,それを用いた活動銀河の観測的研究を行なってきた。現在は次世代超巨大望遠鏡TMTの広視野可視光撮像分光装置WFOSの開発に携わる。

ガリレオが宇宙に望遠鏡を向けてから400年が経ち,我々は宇宙のさらに遠く,さらに昔の姿を見ることができるようになった。最近では太陽系外に生命の存在する可能性がある惑星が発見されるなど,その成果はますます注目を集めている。

しかし一方で,現在ある望遠鏡で見ることができる宇宙には限りがあるのも事実だ。そこで世界では宇宙のさらに奥深く,その起源をも探ることができる巨大望遠鏡の開発が始まっている。

その一つに今回のインタビューで紹介する30メートル望遠鏡「TMT」がある。TMTは日本を含めた5か国で推進されている国際プロジェクトで,日本は技術面を含めた重要な役割を担っている。

ここではTMTで用いられる光学技術について,搭載が予定されている観測装置の開発を担当する,国立天文台の尾崎忍夫氏に話を聞いた。果たしてTMTはどんな宇宙の秘密を私たちに見せてくれるのであろうか。その完成に世界が注目している。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日
    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日