光技術が支える海の道標 ─灯台に見る光学系の歴史とその進化

◆平野 宏志(ヒラノ アツシ)
海上保安庁 交通部整備課 航路標識企画官

2昭和58年4月 海上保安庁入庁
主な勤務経歴
小樽航路標識事務所/第一管区海上保安本部工務課/第八管区海上保安本部工務課/第七管区海上保安本部浮標課/第四管区海上保安本部工務課/神戸海上保安部交通課/第五管区海上保安本部整備課/海上保安庁交通部整備課

岬の先端に屹立する灯台は,古くより海原を往く船舶の水先案内人としてその役割を担う一方,闇に煌めく閃光や碧い海を背景に際立つ白い構造体が,人々の心にロマンや旅情を掻き立ててきた。

ところで,灯台の目的が「光で遠方を照らす」ことである以上,我々の興味は,その光学技術がどのような変遷を経てきたのかに重きが置かれる。

今回,灯台を管轄する海上保安庁の平野氏に話を聞いた。古くより姿が変わらぬ様に見える灯台だが,そこでは常に最新の技術が採り入れられてきた。中でもLEDや太陽電池の進歩は,灯台の運用に革命とも言える影響を与えたという。

そして今,灯台はさらなる進化を遂げようとしている。それは灯台という歴史的建造物を守り,後世に伝えていくための試みでもある。身近なようで詳細を知る機会の少ない灯台。その新旧の技術が入り混じる歴史と現状,そしてこれからをご覧いただきたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日
    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日