光技術が可能にする安心・安全な農作物 ─迫る危機から日本の農業を救え

◆霜田 政美(シモダ マサミ)
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構) 生物機能利用研究部門 昆虫制御研究領域 昆虫相互作用ユニット長

1990年 筑波大学大学院農学研究科 応用生物化学専攻修士課程修了。1991年 農林水産省・農業研究センターに入所。2016年より現職。内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム「新たな植物保護技術の開発」(平成26〜30年度)において「視覚イメージを利用した害虫防除技術開発」グループの取りまとめを担当。大学3,都道府県の試験研究機関7,国立開発法人2,民間企業5の国内17機関とともに光防除技術の実用化を推進している。

農業と物流の近代化により,野菜をはじめとする農作物は安定して供給されるのが当然のように思われているが,昨年は天候不順によって野菜の価格が高騰,農業が自然の力を借りて成り立っていることを改めて痛感させられることになった。

農業の現場における自然の脅威は天候だけではない。「害虫」も恐るべきリスクの一つだ。一度害虫に襲われれば,農作物が受ける被害は甚大なものとなる。そのため多くの農家は農薬を繰り返し散布し,被害を未然に防ごうとしている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 高付加価値加工を支えるレーザー装置・技術を提供する トルンプ㈱ 代表取締役社長 高梨 真二郎 2023年05月22日
    • イスラエル発の高輝度・高出力レーザーを日本市場で本格販売へ! ㈱Civan Japan 代表取締役社長 奈良 拓治 2023年05月22日
    • イメージセンサとパワー半導体で変換点の日本市場に挑む オンセミ 日本法人代表取締役 林 孝浩 2023年05月08日
    • レーザー核融合技術をクリーンエネルギーや脱炭素化の手段にする! ㈱EX-Fusion 松尾 一輝 2022年06月07日
    • Opticaが目指すものとは? ─学会も変化が求められる時代へ Optica 会長 河田 聡 2022年05月20日
    • SDGsに貢献する光技術となるか? ─太陽光励起レーザーの現状とその可能性 東京工科大学 大久保 友雅 2022年04月08日
    • CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ
      CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ 千葉大学 尾松孝茂 2022年02月17日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第三回「人工光合成研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日