フェムト秒レーザーに新たな命を吹き込む「現代の魔法使い」

◆落合 陽一(オチアイ ヨウイチ)
メディアアーティスト,筑波大学助教。落合陽一研究室(デジタルネイチャー研究室)主宰。

1987年生の28歳。筑波大でメディア芸術を学んだ後,東京大学を短縮修了(飛び級)して博士号を取得。2015年5月より筑波大学助教,落合陽一研究室を主宰。応用物理,計算機科学,アートコンテクストを融合させた作品制作・研究に従事。巷では現代の魔法使いと呼ばれている。経産省より未踏スーパークリエータ,総務省の異能vationに選ばれた。経済産業省Innovative Technologies賞&特別賞,World Technology Awardなど受賞多数。バラエティやラジオ番組などにも出演。Pixie Dust TechnologiesのCEOの他ジセカイ株式会社に経営/研究で参画し,学際分野のアウトリーチに多岐に活動実績がある。

昨年,Webで一つのインスタレーション作品が注目を集めた。空間に指先よりも小さく繊細な3Dアニメーションを描き出す「フェアリーライツ」と名付けられたその作品は,フェムト秒レーザーが発生するプラズマによって実現されている。

今回,「フェアリーライツ」の作者である筑波大助教の落合陽一氏に話を聞くことができた。28歳の落合氏はコンピューターであらゆるデバイスを自在に操り,これまで誰も見たことの無いメディアアートを次々と生み出している。その業績から「現代の魔法使い」とも呼ばれ,総務省「異能vation事業」にも選ばれるなど,今,最も注目を集める研究者の一人だ。

インタビューでは,アーティストという側面を持つ落合氏にとっての光学やフェムト秒レーザーとの出会い,そしてそこから生まれた作品とその未来について話を聞いた。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第三回「人工光合成研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日
    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日