山椒魚は悲しいか?─近接場光の穴─

hikari_1410_01

井伏鱒二の小説で山椒魚が大いに悲しんだのは,苔だらけの岩屋から外に出られなくなってしまったためだ。二年程の思索の時間を過ごすうちに大きくなりすぎてしまった頭が,出口の小さな穴を通らなくなってしまったのだ。それにしても山椒魚君,生まれてこのかた一度も外に出ることもなく,暗がりの中で思索に耽っていたとは大したものだ。

落ち着きのない僕にとっては驚くべき我慢強さである。さて,そんな彼も,ある日,岩屋からの脱出を思い立つのだが,結局,穴に嵌った頭が出口の蓋になるのが関の山であり,たまたま岩屋に入り込んでいた蛙に笑われたりするのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
    • どこでもマスク 月谷昌之介 2020年12月01日
    • としまえん 月谷昌之介 2020年11月09日
    • 雷様になりたい 月谷昌之介 2020年10月02日