インスタントラーメンと光

hikari_1404_01

久しぶりに袋入りのインスタントラーメンを作って食べた。僕が子供の頃から売られているロングセラーの銘柄だ。刻んだ長ネギを少し散らしてラーメンをすすったその瞬間,「ん?」という不思議な感覚に包まれ,そして懐かしい記憶が蘇ってきた。

まだ土曜日に半日授業があった小学校の頃のことである。家に帰れば専業主婦の母がいたのだけど,給食が無い土曜の昼には僕がインスタントラーメンを作ることが習慣になっていた。母は栄養のためにとネギを刻んでくれた。時々,父が早めに帰宅してくると,その分も僕が作った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
    • どこでもマスク 月谷昌之介 2020年12月01日
    • としまえん 月谷昌之介 2020年11月09日
    • 雷様になりたい 月谷昌之介 2020年10月02日
    • 水底の線香花火 月谷昌之介 2020年09月01日