風立ちぬ ─ 光と影の仕業 ─

月谷昌之介

風立ちぬ。堀辰夫の小説,かつてのアイドルの歌の曲名,アニメ映画のタイトルなど,この言葉で何が思い浮かぶかは人さまざまだろう。僕がこの言葉に感じるイメージとしては,なんとなくふにゃふにゃと過ごしてしまった夏も終わり,これからしっかりと生きるぞ,という季節のけじめにさっと吹く秋風,という感じだ。ちょうど10月くらいだろうか。

ひかりがたり1310-1

一抹の寂しさと颯爽とした決意が入り混じった味わい深い言葉だ。僕は今の今まで,この言葉は秋の季語だと信じていた。ところがである。思い立って歳時記を調べてみたらこの言葉が載っていない。
もしかしたら「風立つ」という言葉がオリジナルであったかと思い,それも調べてみたがやっぱり無い。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
    • どこでもマスク 月谷昌之介 2020年12月01日
    • としまえん 月谷昌之介 2020年11月09日
    • 雷様になりたい 月谷昌之介 2020年10月02日
    • 水底の線香花火 月谷昌之介 2020年09月01日