【終了】ウィルス・細菌の不活化に!「UV-Cセミナー」開催

【本セミナーは終了しました】コロナの影響を受け,波長280nm以下の深紫外線(UV-C)による殺菌やウィルスの不活性化が注目を集めています。対象物に非接触で使用でき,その効果も国内外の研究機関で確認されていることから,今後,様々な製品に搭載されていくことになるでしょう。

一方で,早くも市場にはUV-Cの搭載を謳った様々な製品が登場し、その有効性についても実証がされてきています。UV-Cを新たな産業として育てていくためには,正しい知識と情報が大きな後ろ盾となります。

そこで月刊OPTRONICSでは「注目のUV-C(280nm以下)! 細菌・ウイルスの不活化に迫る技術」と題したWEBセミナーを6月16日に企画しました。

講師には,コロナ以前よりUV-C光源および応用製品の開発に従事してきた第一人者(ウシオ電機/ナイトライドセミコンダクター/紫光技研)に登壇していただきます。アフターコロナの「あたらしい生活様式」において,UV-C技術は常識となっていくはずです。この機会を逃さず,是非,貴社のビジネスにお役立てください。

その他関連ニュース

  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日
  • 東大ら,コロナ変異株も不活化する光触媒を開発 2021年07月15日
  • 東芝,ウイルス抑制・除菌脱臭光触媒装置を発売 2021年07月08日