日立造船,深紫外LEDの各種ウイルスへの効果を確認

日立造船は,波長280nm,照射量8mJ/cm2の深紫外線LED照射(照度2mW/cm2の深紫外線を4秒照射)により,インフルエンザウイルス(H1N1型)や RSウイルス,日本脳炎ウイルスなど,新型コロナウイルス以外でも99.9%以上が不活化することを確認した(ニュースリリース)。

波長300nm以下の深紫外線は,DNAやRNAを直接変性させることで不活化効果を示すことから,ウイルス全般に高い不活化効果があると考えられている。

同社はこれまで,新型コロナウイルス従来株およびその変異株5株について,波長280nm,照射量8mJ/cm2の深紫外線(照度2mW/cm2の深紫外線を4秒照射)LED照射により,99.9%以上の不活化することをこれまでに確認している。

今回,独自に開発した深紫外線照射装置を用い,日常生活の中で感染リスクがあり,入手可能なウイルスへの深紫外線の効果を確認した。実験は,ガラス製のセルにウイルス溶液を滴下し,深紫外線LED(波長280nm)を照射後,ウイルスの感染価を測定し,生存率を算出した。

なお同社は2022年1月より,ピーク波長280nmの深紫外線を用い,最大250m2まで対応する空間除菌機「ACSTERIA(アクステリア)」を発売している。

その他関連ニュース

  • ウシオら,角膜輪部基底領域への222nmの安全性確認 2023年01月19日
  • 都立大ら,深紫外光を透過する新電極材料を開発 2022年12月14日
  • 東工大ら,コロナのタンパク質を蛍光抗体で迅速定量 2022年12月13日
  • 【光フェア】カンタム,防止型LED除菌装置を展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】ソウルバイオシス,各種UV LEDを紹介 2022年11月10日
  • 【光フェア】丸文,高出力UVC-LEDを紹介 2022年11月09日
  • 【光フェア】五鈴精工硝子,UV-C透過ガラスを展示 2022年11月09日
  • NICT,8W超の深紫外LEDハンディ照射機を開発 2022年10月28日