DNP,第8世代向けメタルマスク生産ラインを新設

大日本印刷(DNP)は,福岡県北九州市の黒崎工場内に,第8世代基板に対応した有機EL(OLED)ディスプレー製造用大型メタルマスクを生産するラインを新設する(ニュースリリース)。

OLEDディスプレーは自発光する有機分子層を電極で挟んだ構造をしており,薄型化や省電力化が可能でコントラストにも優れているため,スマートフォンでの搭載率が2025年までに50%を越えると見込まれている。

さらに今後は,タブレット端末やノートパソコン等のIT製品でも,高付加価値化に向けてOLEDディスプレーの採用が加速し,IT製品向けの市場が2025年までに現状の約5倍に拡大することが予測されている。こうしたディスプレーの大型化にともない,OLEDパネルメーカー各社は,現在の第6世代サイズよりも生産効率が高い大型の第8世代のガラス基板での量産の検討を開始している。

メタルマスクは,光の3原色(RGB)のOLED発光材料を基板に付着させる際に用いる,微細な開孔が精密に配置された薄い金属製の部材。真空状態の装置内で有機材料を蒸発させ,ガラスやプラスチック等の基板上に定着させて薄膜を形成する蒸着の工程で,RGB各色を塗り分けるためにメタルマスクが使われている。

OLEDディスプレーで鮮やかな映像を映し出すには,RGBの有機材料を精密に付着させることが重要であり,その生産工程の中でも特にマスクを使った蒸着プロセスは高度な技術・ノウハウを要するため,メタルマスクにも高い寸法精度が求められる。

同社は,独自のフォトリソグラフィ技術やエッチング技術を活かして2001年にメタルマスクの開発を開始し,現在はスマートフォン向けを中心に,世界トップシェアを獲得しているほか,メタルマスクに関連して,材料や製造方法,製品に関する特許やノウハウを幅広く保有しているという。

今回の投資額は200億円。2024年上期に稼働を開始することで,OLEDパネルメーカーに対してメタルマスクを安定的に供給するとしている。

その他関連ニュース

  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日
  • 名大ら,有機EL材料の発光効率の増幅機構を発見 2024年02月01日
  • シャープ,XR技術などの新規事業開発の新拠点を開設 2024年01月31日
  • 三菱ガス化学,レンズモノマー設備新設と販売を開始 2024年01月24日
  • 富士フイルム,熊本に先端半導体材料の生産設備建設 2024年01月16日
  • ソニー,没入型空間コンテンツ制作システムを開発 2024年01月10日
  • 群馬大ら,OLEDの特性に直結する分子配向を制御 2023年12月11日
  • トルンプ,宮城テクニカルセンターを開設・稼働開始 2023年12月08日