NSG,マレーシアに太陽電池向けガラス工場を新設

日本板硝子(NSG)は,マレーシアにおいて,太陽電池パネル用透明導電膜(TCO: transparent conductive oxide)付きガラス製造設備の新設投資を計画していることを発表した(ニュースリリース)。

この計画は,マレーシア国内を中心に建築用ガラス,自動車用ガラスの製造・販売を行なっている同社グループ拠点であるマレーシアン・シートグラス(Malaysian Sheet Glass SDN BHD)のジョホールバル工場にあるフロート窯でオンラインコーティング設備を新設するもので,稼働後に太陽電池パネル用TCOガラスを生産する。

生産開始は2024年3月期第4四半期の予定(この投資は,製品販売契約の締結と政府による認可,インセンティブの提供が条件となる)。

この投資は,薄膜太陽光パネルの世界的メーカーであり,同社と長期間にわたる協力関係をもつ米ファーストソーラーの生産拡張方針に沿って進められるもの。同社はアジアにおいて,既存のベトナム,マレーシア拠点に加え,インドでの生産拠点も建設中だという(2023年下期稼働予定)。

同社グループでは,戦略的パートナーであるファーストソーラーをはじめとする太陽光パネルの世界的な需要増大に対応するため,2020年1月にベトナムで2窯目の太陽電池パネル用ガラスの専用フロートラインを稼働させたほか,同年11月には,米オハイオ州ラッキーでも新工場を稼働させており,製品はいずれもファーストソーラーに供給されているとしている。

その他関連ニュース

  • 富士フイルム,CMPスラリー生産設備を熊本に新設 2022年09月08日
  • 浜ホトの電子管光源子会社,新棟が完成 2022年08月04日
  • 浜ホト,科学・病理向け計測機器増産に新棟建設 2022年07月07日
  • ウシオ,分割投影露光装置生産能力を再々増強 2022年05月11日
  • クラレ,LCD用偏光フイルムのベース材を増産へ 2022年05月10日
  • マグネスケール,LDの自社開発と内製化に工場新設 2022年02月15日
  • ニコン,新本社ビルを計画 2021年11月09日
  • 浜ホト,東京営業所を移転 2021年10月20日