SSS,ToFを活用したAR開発用SDKを公開

ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)は,手や指の動きまでスムーズな描写を実現し,AR開発を加速することができるソフトウェア開発キット(SDK)「ToF(Time of Flight)AR」を,6月15日より開発者向けに一般公開した(ニュースリリース)。

AR技術とは,物体や建造物の深度(Depth)情報を利用して,画面上で実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで,目の前にある現実を拡張して表現する技術。主に,スマートフォンなどのエンタテインメント用アプリケーションなどで使われている。

SSSが開発した「ToF AR」は,ソニーグループと共同開発した独自のAI処理技術により,手や指の動きまでスムーズに描写することができるという。これにより,以下のような機能を実現するアプリケーションの開発をUnity上で行なうことを可能にする。

①ハンドジェスチャー機能,②身体の動きを認識して滑らかに描写する機能,③3Dデータを作成するモデリング機能,④深度情報を元に周りの環境を構築するメッシュ処理(Meshing)機能など。

このSDKは,ARを活用したモバイル向けのゲームをはじめ,服や靴のサイズやデザインが自分と合うかを確認できるバーチャル・フィッティング,部屋を計測して寸法に合った家具を選ぶことができるバーチャル・レイアウト,空間に描いたイラストや文字を周りの空間と一体化させ,他の人にシェアする新感覚コミュニケーションなど,さまざまな用途での活用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,レーザーと3D画像で埋設物を可視化 2022年07月29日
  • NICTら,多人数裸眼3Dディスプレーシステムを開発 2022年01月31日
  • エプソンら,裸眼・多人数VRソリューション開発 2022年01月25日
  • ドコモ,視野角120度VRスマホヘッドセット発売 2021年10月27日
  • キヤノン,VR映像撮影システムを発表 2021年10月18日
  • ドコモ,ARグラスを発売 2021年10月05日
  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日
  • NEC,「バーチャル広告協会」を設立 2021年09月24日