ヴァレオ,自動運転システムでホンダから感謝賞

仏ヴァレオは,ホンダが行なった2021年度の優良感謝賞の表彰において,自動運転システムの供給により開発賞を受賞したと発表した(ニュースリリース)。

同社はホンダの新型レジェンドに車載制御ユニットと大半のセンサーを提供している。

具体的には5台の「ヴァレオSCALA 3D LiDAR」と2台のフロントカメラによって車の全周を検知し,データフュージョンコントローラー内のソフトウェアが,オブジェクト検知,データフュージョン,自己診断やフェイルセーフ操作などの安全関連機能のために車両の周囲360°を詳細に再現する。

これにより新型レジェンドは,2020年11月11日にSAE規格J3016で定義されたレベル3に準拠した「トラフィックジャムパイロット」(渋滞運転機能)に求められる国土交通省の型式指定を初めて取得した。

その他関連ニュース

  • アナログ・デバイセズ,高分解iToFモジュール発表 2022年06月28日
  • 三菱重工ら,冷凍倉庫対応レーザーAGFを開発 2022年06月07日
  • NEC通信,3次元物体検知ソフトウェアを開発 2022年04月25日
  • NECら,LiDARによる滑走路異物検知を実証実験 2022年04月12日
  • ソニー,モビリティ開発新会社を設立 2022年04月05日
  • 東芝,手のひらサイズLiDARで300m測距に成功 2022年03月18日
  • 岡山大,古墳の形状と大きさをLiDAR計測で決定 2022年03月17日
  • リコーと宮崎県,インフラ点検の実証実験を開始 2022年02月21日