OKI,非接触で操作可能なATM用パネルを発売

OKIは,画面に触れることなくタッチパネルを操作できるATM用「ハイジニック タッチパネル」の販売を開始した(ニュースリリース)。

このパネルの搭載により,利用者は画面に触れず,その数cm上に指をかざすことでパネルを操作し,ATMでの取引を行なうことができる。本格導入第一号として,大同信用組合にこのパネルを搭載した「ATM-BankIT Pro」を納入し,10月27日より本店営業部ATMコーナーで稼働を開始したという。

「ハイジニック タッチパネル」はセンシング技術を活用し,従来,画面に指を触れていたタッチパネル操作を非接触で行なえるようにしたもの。端末の操作画面に実装した赤外線タッチセンサーにより,利用者は画面の数cm上に指をかざすことで操作ができる。

大同信用組合は新型コロナウイルス感染症の影響が続く中,ユーザーおよび職員の健康と安全・安心を最優先すべきとの考えから,全国の金融機関に先立ちこのパネルを搭載したATMの導入を決めた。

ATMなどのセルフサービス端末は,ウィズコロナの新しい生活様式に対応し,非対面で金融サービスが提供できる存在として注目されている。OKIはこのパネルについて今後2年間で1,000台の発売を目指すとし,今後,新しい生活様式における安全・安心を提供する取り組みを進めるとしている。

その他関連ニュース

  • 九大ら,ECMOの抗血栓性メカニズムを解明 2022年01月18日
  • 富士通ゼネラルら,紫外線水平照射の有効性確認 2021年12月27日
  • 工繊大,新型コロナ変異種をラマン分光法で同定 2021年12月20日
  • スタンレー,2タイプのUV除菌機を発売 2021年12月20日
  • ウシオら,抗ウイルス・除菌用外線照射装置を開発 2021年12月16日
  • 車載タッチパネル,EV化に向けインセルへシフト 2021年11月29日
  • 東北大ら,222nmが植物に重障害を与えると発見 2021年11月29日
  • 名市大ら,可視光レーザーで殺菌・不活化に成功 2021年11月24日