ams OSRAMら,UV-C LEDの感染抑止能力を確認

ams OSRAMは伊パドヴァ大学と共同で,同社のUV-C LEDが,感染抑止対策に有効であることを確認した(会社HP)。

高い強度のUV-C LEDを照射することで,新型コロナウイルスを迅速に不活性化できることがすでに示されている。

室内上層空気浄化装置や二次空気処理装置のような現実的な用途では,ウイルスの除去に必要な線量を数サイクルにわたって照射,つまり,より低い強度で,より長時間照射することで必要な線量に到達させる。

今回研究グループは,現実的なシナリオに合わせてUV-C LEDによる効果的なシステム設計を実証するため,異なる照射レベルの影響について現実的な評価を示すことに重点を置いて実験を行なった。この実験では,新型コロナウイルスの不活化に必要な線量だけでなく,低照射から高照射まで100倍以上の異なる照射レベルにわたり安定性も評価した。

この実験は,照射量や照射時間を増やすことで簡単に達成でき,可能な限り最高あるいは最速の減少率に焦点を当てて研究を行なう実験とは異なるものだという。

実験では,「Oslon UV 3636 LED」によるUV-C照射が,新型コロナウイルスの量を効果的に減少させることを確認した。これは,このメカニズムが病原体の変異型にも効果を発揮する可能性があるという最近の論文で報告されているエビデンスを補強するものであり,今回と将来起こり得るパンデミックに対して,有効な治療方法を提供するものだとする。

実験では,2つの異なる出力クラス(4mWと42mW)の「Oslon UV 3636」を固定装置に搭載し,病原体から300mmの距離に配置した。すべてのLEDは275nmの波長。プローブの均一な照射を光混合チャンバで実現し,すべての反射を考慮した上で照射量を決定した。

その結果,低い強度では,2,7mJ/cm2の線量でlog3または最大99.9%の減少,3,6mJ/cm2の線量でlog4または最大99.99%の減少が得られたとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,222nmが植物に重障害を与えると発見 2021年11月29日
  • 名市大ら,可視光レーザーで殺菌・不活化に成功 2021年11月24日
  • OKI,非接触で操作可能なATM用パネルを発売 2021年11月15日
  • パナ,非接触スイッチを発売 2021年11月12日
  • 北大ら,電気的検出が可能なSPRセンサーを開発 2021年11月11日
  • ウシオ,コロナに関する技術実証に参加 2021年11月02日
  • 日亜,280nm深紫外LEDの量産開始 2021年10月12日
  • 東洋エレ,UVC-LEDパッケージを販売 2021年10月05日