SP,バイオイメージング向けレーザーの機能拡張

スペクトラ・フィジックスは,バイオイメージング市場向けの波長可変超短パルスレーザー「InSight X3+」に出力調整機能を内蔵したと発表した(製品ページ)。

「InSight X3」および「InSight X3+」は,神経科学および他の多くのアプリケーションの組織深部のライブイメージングで使用される多光子イメージングレーザー。

「InSight」レーザーファミリーは,バイオイメージングに不可欠な680〜1300nmの波長可変範囲を提供。すべてのレーザーにはDeepSee自動分散補正を搭載ており,それにより最短パルスをサンプル上に照射できる。

「InSight X3+」モデルは,チューニング範囲内において3W以上のピーク出力を有し,多くの生物学的に影響力のあるフルオロフォアが吸収帯を持つ900~1100nmの範囲で有効。

今回「InSight X3+」に内蔵される出力調整機能は,ソフトウェアにより完全に制御され,多光子イメージング,刺激ラマン分光法(SRS),第二高調波発生(SHG)顕微鏡法,コヒーレント反ストークスラマン分光法(CARS),および蛍光寿命イメージング顕微鏡(FLIM)などの幅広いアプリケーションに最適だとする。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・最大級の市場設置実績
・950件以上の査読済み出版物で実証された高い信頼性
・高い柔軟性を実現する幅広いチューニング範囲(680–1300nm)
・高ピークパワーにより最大蛍光発生
・分散補正機能DeepSee内蔵による最短パルス
・出力調整オプション

この製品の主なアプリケーションは以下のとおり。
・多光子イメージング
・誘導ラマン分光法(SRS)
・光遺伝学
・非線形分光法
・コヒーレント反ストークスラマン分光法(CARS)

その他関連ニュース

  • 阪大ら,DNAからの遺伝子発現を生細胞で可視化 2022年01月21日
  • 慶大,透明モデル生物の標準発生段階表を整備 2022年01月14日
  • ウシオ,高出力赤色LDの新シリーズを発売 2022年01月13日
  • スタンレー,高出力赤外VCSELの量産出荷を開始 2022年01月12日
  • 基生研ら,光合成色素で近赤外蛍光タンパクを増光 2021年12月21日
  • 九大,プラズモンで細胞の接着初期挙動を観察 2021年12月14日
  • 浜ホト,レーザー加熱システム5種を発売 2021年12月07日
  • 電通大ら,2µm帯固体レーザーで41fsパルス発生 2021年12月06日