日亜,280nm深紫外LEDの量産開始

日亜化学工業株は,深紫外LED(ピーク波長280nm)の新製品「NC4U334BR」の量産を,2021年10月から開始したと発表した(ニュースリリース)。

この製品は,1パッケージあたりの出力が深紫外LEDとしては業界最高クラス(同社調べ)となる200mWの放射束を有する。限られたスペースで出力をより高めることで,これまで実現が難しかった空気殺菌用途や産業用水殺菌用途への応用が期待されるとしている。

これらの分野にはこれまで水銀ランプが使用されてきたが,LEDは瞬時オン-オフ動作が可能であるため,点灯するまで時間を要する水銀ランプに比べ待機電力を大幅に削減することが可能だとしている。

主な仕様は以下の通り。

パッケージサイズ 幅6.8mm x 奥行6.8mm x 高さ2.12mm
定格電流 350mA
ピーク波長 Typ. 280nm
放射束 Typ. 200mW
順電圧 Typ. 22.5V
指向角 Typ. 110°

その他関連ニュース

  • 東洋エレ,UVC-LEDパッケージを販売 2021年10月05日
  • 2027年,ワイドバンドギャップ半導体市場325億円 2021年09月29日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日
  • 【OPIE】電気硝子,UV-C LED用リッドを展示 2021年07月01日
  • 【OPIE】豊田合成,水浄化用LEDユニットを展示 2021年06月30日