日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認

日亜化学工業は,深紫外LED(ピーク波長280nm)の新製品「NCSU434B」の量産を,2021年9月から開始した(ニュースリリース)。

この製品は,サイズが3.5㎜角と小型で,同サイズにおける深紫外LEDとしては業界最高クラス(同社調べ)の電力変換効率と放射束を有するとする。

この特長を活かした高密度実装では,単位面積当たりの放射束が従来品の約3倍となり,新型コロナウイルスをはじめとした各種ウイルスの不活化や細菌の除菌用途として,これまで以上に様々なアプリケーションへの展開が可能になると見込んでいる。

この製品を用い,日立造船と長崎大学が,マイクロ飛沫状の新型コロナウイルス(アルファ株,英国型変異株)の不活化実験を実施した結果,1回通過させる(ワンパス)試験において,約1mJ/cm2の積算光量により感染価が1/10以下(ウイルス生存率4.5%)となることを確認し,マイクロ飛沫状の新型コロナウイルスに有効だと言えるとしている。

実験を行なった長崎大学教授の安田二朗氏は「深紫外線の不活化メカニズムはウイルスRNAの直接変性によるものなので,現在,猛威を振るっているデルタ株をはじめ英国株以外の新型コロナウイルスの変異株にも同等の効果が期待できる」とコメントしているという。

その他関連ニュース

  • 日亜,280nm深紫外LEDの量産開始 2021年10月12日
  • 東洋エレ,UVC-LEDパッケージを販売 2021年10月05日
  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • 2027年,ワイドバンドギャップ半導体市場325億円 2021年09月29日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日