【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示

光技術展示会「OPIE’21」展示会場で,朝日ラバー【ブースNo.K-12】は,UV‐C LEDに対応するシリコンレンズの開発品を展示している。

同社のシリコンレンズ製品は,UV-A~赤外まで広い透過特性を持ち,ガラスレンズに比べてコストと成形の自由度で優れるほか,LED素子への直付けが可能という特長がある。

開発品データ

また,シリコン以外の樹脂レンズにポリカーボネートやアクリルなどがあるが,これらに対してシリコンは耐熱性に優れ,260℃のリフロー温度にも耐えられるため,自動車用の外装品での実績があるなど信頼性も高い。

今回展示しているUV-C対応シリコンレンズの開発品は260nmのUV-C光を90%以上透過し,4500時間の照射実験においてもその性能が劣化しないことを確認している。

現在作製可能なサイズは50mm×50mmが最大だが,今後はこれをさらに大きくしていくとともに,シリコンレンズの長所である成形の自由度についても開発を進めるとしている。

さらにブースでは,耐熱・耐UV性能に優れたプリント基板用の白色シリコンインキの使用例も展示している。退色や変色が少なく,LED基板に塗布することで光取り出し効率を上げたり,リフレクターとして使用したりすることもできるという。

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,ヘッドライト用高輝度LEDを発売 2021年12月10日
  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • 紫光技研,プラズマ方式深紫外線光源の効率を向上 2021年11月16日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日