オンセミら,AioT向けリファレンスデザインを発表

米オン・セミコンダクター,画像処理半導体の米アンバレラ,米ルメンタムは,垂直方向に渡るAioT(AI+IoT)デバイス向けに2種類の新しい共同リファレンスデザインを発表した(ニュースリリース)。

これは,生体認証によるアクセスコントロール,3D 電子キーなど,インテリジェントなセンシングアプリケーション向けの次世代AioTデバイスにおいて,より高精度で,よりインテリジェントな意思決定を実現できるというもの。

もともと生体認証や電子キーを対象としているが,スマートシティ,スマートビルディング,スマートホーム,インテリジェントヘルスケアのニーズにも対応するという。さらに,システムの消費電力と熱設計要件を大幅に低減し,製品のフォームファクターを大幅に小さくすることができるとする。

このAIoT ソリューションは,2つのリファレンスデザインと追加の3Dセンシング開発キットで構成されており,それぞれがAI処理,3Dデプスセンシング,ビジョンセンシングの組み合わせに対するアプリケーション特有の要求に対応するように構成されている。

「Vision+リファレンスデザイン」は,AioT業界で初めて,RGB-IR技術をベースとしたシングルカメラによる940nmストラクチャードライト(構造化光)センシングを行なう4Kソリューション。また,デプス(深度)処理,AI処理,ビデオ処理をワンチップで実現している。アンバレラのCV22 CVflow AIビジョンプロセッサをベースに,ルメンタムのVCSEL技術を用いており,2mの測距を可能にする。

「Saturnリファレンスデザイン」は,商業施設や住宅向けの次世代スマート電子ドアロック(eLock)をターゲットにしており,こちらもシングルカメラの構造光センシングを採用し,高速起動のビデオ処理の両方にAI処理を統合している。アンバレラのCV25 CVflow AIビジョンプロセッサをベースに,ルメンタムのVCSELを採用した構造化光カメラと,オン・セミコンダクターの2MP RGB-IR イメージセンサ「AR0237CS」を搭載する。

アンバレラのCV2 シリーズ CVflow AI ビジョンプロセッサ搭載開発キットは,インテリジェントなセンシングアプリケーションをターゲットとしており,現在,ルメンタムのVCSEL アレイを搭載したToFセンサアダプタを搭載できるという。また,オプションで4K RGB-IRイメージセンサアダプタも用意されている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売 2021年07月28日
  • ams OSRAM,ドットプロジェクタを発表 2021年07月06日
  • ソニー,単露光でダイナミックレンジ8倍のセンサ 2021年07月01日
  • NEC,光ファイバセンシングソリューションを発売 2021年07月01日
  • 東北大ら,Wi-Fiで発電するスピントロニクス素子を開発 2021年05月20日
  • 理科大,単一光子検出型撮像のブレを抑制 2021年05月13日
  • MOC,3月22日を「面発光レーザーの日」に登録 2021年05月13日
  • キヤノンの高感度センサー,せいめい望遠鏡に採用 2021年05月12日