ウシオ,投影露光装置の生産能力を再増強

ウシオ電機は,最先端ICパッケージ基板の更なる需要増に対応するため,分割投影露光装置「UX-5シリーズ」の生産能力増強の設備投資を決定したと発表した(ニュースリリース)。

今回の投資は2019年に続くもの。IoTの進展に伴い,大容量かつ高速でのデータ処理に対応したデータセンター向けサーバーの需要等が想定を上回っており,それに伴い高い解像性や重ね合せ精度が求められるICパッケージ基板の要求も増加しているため,同基板向け露光装置の更なる増産に向けた投資が必要と判断した。

御殿場事業所に15億円(予定)を投資し,既存の生産能力を約1.3倍以上に増強する。2021年度上期にレイアウトの変更および生産設備の増強を開始し,2022年度上期中に生産を開始するとしている。 

その他関連ニュース

  • 浜ホト,電子管製品増産に向け新棟を建設 2021年05月25日
  • ソニーセミコン,新規CMOSセンサーラインを稼働 2021年04月21日
  • 浜ホト,売上拡大に対応する新棟建設 2021年04月21日
  • 三菱,産業メカトロニクス製作所を設立 2021年03月02日
  • 市光工業,生産子会社に大型設備投資 2021年02月16日
  • 住友化学,最先端プロセス向けレジストを増産 2021年02月09日
  • 三菱ガス化学,光学樹脂ポリマーの製造能力を増強 2020年12月25日
  • ウシオ,基板製造装置事業を拡大 2020年12月23日