阪大,モルフォ蝶から新たな採光窓を発案・設計

大阪大学の研究グループは,ナノ構造を工夫することで「明るく広角で,色が偏らずコンパクト」な採光窓が可能なことを初めて明らかにした(ニュースリリース)。

これまで,明るい窓では光が直進してしまい,光の経路を曲げたり広げたりするには,散乱(透過率を下げる)や回折格子・屈折(どちらも虹色になる)を使うか,大規模設備を要し,全てを満たす窓はなかった。

研究グループは,「明るく広角で,色が偏らずコンパクトな」モルフォ蝶の反射をヒントに研究を行なった。原理の源を分析し,透過に応用することで,これらの全てを満たす窓の条件を導出した。

具体的には,モルフォ蝶の特異な反射特性を透過に転用することで,これら全ての条件を満たす構造を発案した。モルフォ蝶の微細構造が「狭い幅からの回折」で光を広角に広げ,「乱雑さ」で色の偏りを防ぐことを応用し,理想的な採光窓を設計した。回折は表面だけで生じるので,高
い透過率も得られるという。

さらに,複雑な構造も正確に扱える電磁場シミュレーションによりこの構造が所定の特性を満たすこと(角度広がりは垂直方向から±45°,透過率~90%,色分散なし)を証明した。

この研究成果により,昼間照明を大幅に減らす採光窓や,各種の照明・ディスプレーに役立つ光拡散板,また透過も拡散性も高いフィルム(例えばビニルハウスに有効)への応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大,レーザー加工でペンギン体表を再現 2022年08月30日
  • 農工大ら,ガラスへのナノ周期構造形成を光で検出 2022年08月29日
  • 北大ら,半導体洗浄時のナノ構造物の倒壊挙動解明 2022年07月29日
  • 熊本大,一分子レベルのボトムアップで構造を制御 2022年04月26日
  • 富士フイルム,構造色をインクジェットで印刷 2022年03月24日
  • 筑波大,メタ原子の光応答を10fsで可視化 2022年03月09日
  • 横国大ら,ナノ構造で超狭帯域赤外放射材料を確立 2022年01月17日
  • 神大ら,光反応のエネルギー効率を大幅に向上 2021年10月14日