ソニーセミコン,新規CMOSセンサーラインを稼働

ソニーセミコンダクタソリューションズは,その生産を担うソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 長崎テクノロジーセンター(長崎テック)の敷地内に建設を進めてきた増設棟において,2021年4月より生産ラインの稼働を開始した(ニュースリリース)。増設棟は今後,「Fab 5(ファブ ファイブ)」という名称で,CMOSイメージセンサーの量産活動を行なう。

長崎テックは,イメージング&センシング・ソリューション事業の主力商品であるスマートフォン向けCMOSイメージセンサーの生産拠点として事業活動を行なっている。

今後,市場動向に応じてFab 5内への生産設備の拡充を図っていくことで,CMOSイメージセンサーの生産体制をさらに強化し,性能進化が進むスマートフォンカメラなどの市場に向けて,高画質で高性能なCMOSイメージセンサーを供給していくとしている。

Fab 5の概要は以下の通り。
① 延床面積:約48,000m2
② クリーンルーム面積:10,000m2(5,000m2×2層)
③ 生産品目:CMOSイメージセンサー

その他関連ニュース

  • ギガフォトン,エキシマレーザー光源を増産 2021年09月24日
  • 住友化学,最先端プロセス向けフォトレジスト増産 2021年09月07日
  • 浜ホト子会社,増産に向け電子管光源製造棟を建設 2021年07月27日
  • 古河電工,DFBレーザーの生産能力を2倍超に 2021年06月23日
  • 浜ホト,電子管製品増産に向け新棟を建設 2021年05月25日
  • ウシオ,投影露光装置の生産能力を再増強 2021年05月11日
  • 浜ホト,売上拡大に対応する新棟建設 2021年04月21日
  • 三菱,産業メカトロニクス製作所を設立 2021年03月02日