HOYA,視覚障がい者向け電子眼鏡事業を分社化

HOYAは「暗所視支援眼鏡 MW10 HiKARI」を展開する視覚障がい者向け電子眼鏡事業を分社化し,ViXion(ヴィクシオン)株式会社を4月1日に設立したと発表した(ニュースリリース)。

HOYA (ビジョンケア部門)では,2015年10月より,ロービジョン(何らかの原因により視覚に障がいを受け「見えにくい」「まぶしい」「見える範囲が狭くて歩きにくい」など日常生活での不自由さをきたしている状態)の方を対象とした電子眼鏡の研究及び開発を開始した。

その後,世界でも市場化の例のないという,暗所で見えにくくなる夜盲症の方々向けの暗所視支援眼鏡「MW10 HiKARI」を開発し,同社メディカル事業部に事業を移行して2018年4月より発売を開始した。

今回,事業の意思決定スピードを上げ,利用者の方々のニーズによりきめ細やかに対応するために,別会社として事業活動を行なっていくことが最適であると判断し,分社化(スピンオフ)を決定。新会社では「Light the World あなたの世界に光を灯す」を合言葉に,ロービジョンなどの視覚障がいの方々の不安の解消に努めていくとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,HMDに生じる遅延時間と精度を精査 2021年09月01日
  • ViXion,暗所視支援眼鏡に新デザイン新機能を追加 2021年07月15日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • FASE,内視鏡手術向けHMDを発売 2021年03月29日
  • 都市大ら,用途に応じたVRシステムを検証 2021年02月16日
  • ドコモ,開発中のウェアラブルディスプレーを公開 2021年02月04日
  • キヤノン,MR用HMDを発売 2021年02月02日
  • 【光技術フェア】NTKJ,VR用フレネルレンズを展示 2020年11月11日