日機装,深紫外LED技術搭載の除菌装置発売

日機装は,同社が世界に先駆けて開発に成功した深紫外線LEDの技術を使用した表面除菌装置「PearlSurface(パールサーフェス)HS-N1J」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格は1,200,000円(税別)。

同社の深紫外線LEDの技術で医療現場のリスクの軽減に貢献したいというコンセプトで開発した,N95レスピレーター(微粒子用防護マスク)をはじめとした物品の表面除菌装置。重量は17.6kg(本体のみ)で外寸は幅670㎜×高さ410㎜×奥行283㎜,消費電力は240W。必要な物品が入手しづらい状況や,洗浄できないものも除菌したいというニーズに対する解決法として光学設計に基づいた深紫外線照射による表面除菌装置で感染対策に貢献するという。

庫内上下面に光源を配置し均一な深紫外線照射を可能とすることで,照射ムラの解消と照射効率を向上。N95レスピレーターは20分で3枚の除菌が可能だとしている。

同社は,さまざまな病気を引き起こす感染症の予防技術の向上・普及を目的として新しく立ち上げたヘルスケア事業において,深紫外線LEDの技術を軸に感染対策に貢献することを目指した製品を取り扱っていくという。

その他関連ニュース

  • 日亜,280nm深紫外LEDの量産開始 2021年10月12日
  • 東洋エレ,UVC-LEDパッケージを販売 2021年10月05日
  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • 2027年,ワイドバンドギャップ半導体市場325億円 2021年09月29日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日