キヤノン,MR用HMDを発売

キヤノンは,現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(複合現実)システム「MREAL(エムリアル)」シリーズの新製品として,初のエントリーモデルとなるヘッドマウントディスプレー(HMD)「MREAL S1」を2021年2月下旬に発売することを発表した(ニュースリリース)。価格はオープン。

「MREAL」は,ビデオシースルー型HMDを装着し,現実空間にあたかもそこに在るかのように3D CGを表示するMRシステム。新製品は,大きさ約186(幅)×250(奥行)×138(高さ)mm,質量約338gの実現により,使用時の負担を軽減し快適な装着感を実現。

また,人間工学に基づき設計したヘッドマウントユニットは,頭を傾けるような体勢でも安定して快適に使用でき,着脱や調整も容易にできる。さらに,フリップアップ機構の搭載により,HMDを装着した状態から素早く目視に切り替えることができるという。

また,周囲の静止物から特徴点を抽出し,自身の位置座標を推定する空間特徴位置合わせ技術の進化により,床や窓ガラスからの反射により生じる位置合わせ誤差を軽減し,多様な現場での高精度な位置合わせを実現。上位機種同様,別売りの位置合わせ用光学センサーが常設されていない場所や設置が困難な屋外でも使用でき,機材準備時間も削減可能だとしている。

空間特徴位置合わせに使用するカメラの画角は水平方向に約76°,垂直方向に約103°。広範囲から特徴点を抽出し,ユーザーの位置とCGを表示する位置を特定することで,安定したCG表示ができるという。

さらに,モバイルワークステーションとの組み合わせでシステム総重量を軽量化し,さまざまな現場への持ち運びが可能。実際の建設予定地でCGを合成して完成後の姿を関係者間で共有することや,工場内で製造ラインにCGを重ねて作業性や動線を体験できる。

また,会議室でのプレゼンテーションや製品レビューで活用するニーズにも対応。現場で実寸大のCGを確認することで,コミュニケーションの効率化や合意形成の時間短縮,試作回数を減らすことによるコスト削減に貢献し,デジタルトランスフォーメーションの実現にも寄与するとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,HMDに生じる遅延時間と精度を精査 2021年09月01日
  • ViXion,暗所視支援眼鏡に新デザイン新機能を追加 2021年07月15日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • HOYA,視覚障がい者向け電子眼鏡事業を分社化 2021年04月02日
  • FASE,内視鏡手術向けHMDを発売 2021年03月29日
  • 都市大ら,用途に応じたVRシステムを検証 2021年02月16日
  • ドコモ,開発中のウェアラブルディスプレーを公開 2021年02月04日
  • ローム,VR/MR/AR向け超小型赤外LEDを開発 2020年11月24日