ソニー,自動運転車両の行動テストを開始

ソニーは,昨年の「CES 2020」にて発表した自動運転車「VISION-S」の試作車両を2020年12月に完成させ, 欧州において公道走行テストを開始したと発表した(ニュースリリース)。

昨年発表された同試作車は,同社の車載向けCMOSイメージセンサー,ToFセンサー,LiDARなど数種類のセンサーを合計33個配置しており,車内外の人や物体を検知・認識し,高度な運転支援を実現するというもの。

同社では今後も車両開発を継続すると共に,他の地域においても順次走行テストを実施する計画だとしている。

その他関連ニュース

  • NII,誤差のあるセンサーでもソフト変換で安全に 2021年05月27日
  • エプソン,LiDARのスタートアップに投資 2021年05月25日
  • 原研,LiDARとカメラ等で原発の3Dマップを作成 2021年05月17日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日
  • 北陽電機,AGV/AMR向けLiDARを発売 2021年04月06日
  • 港空研ら,グリーンレーザースキャナーで海底計測 2021年04月05日
  • 村田製作所,LiDARで交通量を見える化 2021年03月31日
  • STのMEMSミラー,IntelのLiDARに採用 2021年03月19日