出光,中国の有機EL工場が本格稼働

出光興産は,2021年1月からの出荷に向け,アジアで3カ所目の有機EL材料製造工場「出光電子材料(中国)有限公司 成都工場」の本格稼働を開始したと発表した(ニュースリリース)。

同工場は有機EL材料製造工場として同社3か所目。御前崎製造所(日本・静岡県,生産能力2トン/年),出光電子材料韓国(韓国・パジュ,生産能力8トン/年),に同工場を加えることで,同社グループの有機EL材料供給能力は合計で22トン/年となる。

同社では同工場の本格稼働開始にあたり,中国政府関係者や取引先など約100名の来賓が出席したオープニングセレモニーを,12月1日に実施した。

その他関連ニュース

  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 茨城大ら,円偏光を発光するキラルな亜鉛錯体を開発 2024年05月17日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • JDI,新方式によるOLEDディスプレーの進捗を開示 2024年04月17日
  • EX-Fusion,レーザーフュージョン研究施設を開設 2024年04月05日
  • SSS,タイの事業所で光半導体製造を開始 2024年03月29日
  • コニカミノルタ,次世代カラーアナライザーを発売 2024年03月19日
  • カネカ,有機EL照明を東京国立博物館へ寄贈 2024年02月08日