ウシオ,ウイルス不活化ダウンライトを発売

ウシオライティングは,有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222」を搭載した「Care222 iシリーズ ダウンライトタイプ i-DU」の販売を2021年1月から開始する(ニュースリリース)。オープン価格。

この製品は,一般的な埋め込み型ダウンライトの形状に合わせて,222nm紫外線モジュールをユニット化したもの。波長222nmをピークに持つエキシマランプに特殊な光学フィルタを組み合わせることで,人体に危険な230nm以上の波長をカットした,222nm紫外線ウイルス不活化・殺菌技術「Care222」を組み入れた新しい紫外線照射装置で,紫外線本来のウイルス抑制・除菌能力を保持し,従来の254nmの殺菌ランプでは実現できなかった商業施設・店舗,オフィスや学校などの有人環境下での照射が可能となるとしている。

また,天井埋め込み仕様の角型ダウンライトを模したデザインは,突起もなく,天井面にシームレスに馴染み,空間に調和するという。有人環境下で照射するモードと,人感センサー(内蔵)を使用し,無人環境下のみで照射するモードも選択可能。

有人環境下で紫外線を照射できる時間,限度値(TLV)はACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議)によって定められており,そのガイドラインに沿って,点灯,消灯を繰り返して照射量をコントロール,照射物までの距離に応じてモードを選択することできる。また,内蔵した近接センサーにより,自動的に消灯する安全機能も備えている。

さらに,ランプの点灯時間を積算し,ランプ寿命が近づくと,インジケーターを点灯させ,知らせる機能もあるという。

その他関連ニュース

  • 北大ら,蛍光偏光度から新型コロナの抗体検出 2021年06月17日
  • 日本アビオ,スクリーニング用赤外線カメラ発売 2021年06月15日
  • NEC,非接触のアプリケーション操作を実現 2021年06月09日
  • 阪大,微細加工で超小型波長変換デバイスを実現 2021年06月07日
  • 東大,光触媒で空気中コロナの不活化を実証 2021年05月21日
  • 富山大,プラズモンによる殺菌方法を提案・検証 2021年05月20日
  • 紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に
    紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に 2021年05月10日
  • ITA,サーモグラフィスクリーニングガイドを作成 2021年05月07日