【光技術フェア】日進機械,マイクロプラを計測

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア」(会期11月11日~13日,於 東京都立産業貿易センター浜松町館)において,日進機械(赤外線フェア 5F-05)は赤外線分光技術を用いた2次元分光イメージングによって,マイクロプラスチックを検出する試作機を展示している。

同社では現場で計測できる光学計測機器の開発を行なっており,この装置は香川大学との共同研究によるもの。深刻な海洋汚染を引き起こしているとして世界的な問題となっているマイクロプラスチックの検出に応用できるとしている。

現在,マイクロプラスチックの検出に国際標準的な手法は確立されておらず,主にはFTIRを用いた顕微鏡法によってわずかな面積を多大な時間をかけて計測しているという。これに対してこの装置は,1cm2を20秒で計測できるとしており,新たな計測法として期待できるもの。

プラスチックには多種あるが,例えば100μmのPTFEとポリスチレンなどを,それぞれが持つ特異な吸光度から判別できるという。同社ではこうした赤外線による計測装置を,様々なニーズに応じて製作するとしている。

その他関連ニュース

  • ルケオ,3000nm対応全自動近赤外歪検査器発売 2021年10月20日
  • OIST,海水中のマイクロプラを光学的手法で確認 2020年12月24日
  • 島津,プラ劣化評価システムを発売 2020年12月14日
  • 【光技術フェア】オフィール,各種IRレンズを展示 2020年11月12日
  • 【光技術フェア】豊田産業,可視光分岐装置を展示 2020年11月11日
  • NECら,マイクロプラのAI計測システムを開発 2020年07月03日
  • プラスチック問題の国際化学サミット,白書公開 2020年06月16日
  • JAMSTEC,マイクロプラをHSIで検出・分類 2020年03月31日