ams,ウェアラブル向け血中酸素センサーを発表


amsジャパンは,血中酸素飽和度(SpO2)を測定する業界において最薄型の専用センサー「AS7038RB」を発表した(製品ページ)。

このセンサーは,病院の緊急処置室でSpO2と心電図(ECG)の測定に使用する使い捨てのパッチといったリモート診断機器のためのアプリケーションに適しているというもの。

新型コロナウイルス感染症では危険度の高い患者が呼吸困難の症状を示す前に,初期兆候としてSpO2の低下を示すというエビデンスが集まりつつあるという。このセンサーをベースとした,ウェアラブルなSpO2測定デバイスが開発されることで,リモートでの使用が可能となり,治療に役立つとしている。

このセンサーは,小型,機能統合,高性能の信号処理を組み合わせており,省スペース型のコンシューマー機器や医療機器で健康状態の監視を行なうアプリケーションを開発中のOEMにとって理想的だという。3.70mmx3.10mmの面積とわずか0.65mm薄のパッケージに収められたセンサーは,高感度のフォトダイオード,4つのLEDドライバー,アナログのフロントエンド,シーケンサを統合している。

また,このセンサーのSpO2測定機能は,同社独自のオンウェハー干渉フィルター技術を活用し,病院の試験設備で使用される医療グレードのパルスオキシメーターの出力とほぼ同等な精度を得ているという。このフィルターを使用することで,センサーは590nm~710nmと近赤外線(800nm~1050nm)帯域の対象波長でSpO2測定用の光学信号を取得でき,同時にその他の波長で起こる周囲光の干渉をブロックする。

さらに,最大4台の外部LED用にドライバーを供給できるため,OEMはアプリケーションに合わせてLEDを配置可能。このため,手首,胸,額,指など,皮膚の厚みや骨格構造が異なる部位でも,LEDの配置を最適化できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,222nmが植物に重障害を与えると発見 2021年11月29日
  • 名市大ら,可視光レーザーで殺菌・不活化に成功 2021年11月24日
  • OKI,非接触で操作可能なATM用パネルを発売 2021年11月15日
  • パナ,非接触スイッチを発売 2021年11月12日
  • ams OSRAMら,UV-C LEDの感染抑止能力を確認 2021年11月11日
  • 北大ら,電気的検出が可能なSPRセンサーを開発 2021年11月11日
  • 竹中電子,熱材位置検出センサーを発売 2021年11月08日
  • ウシオ,コロナに関する技術実証に参加 2021年11月02日