佐賀大ら,カメラ映像でドローンを自律飛行制御

佐賀大学と,人工知能・ロボティクス技術のアトラックラボは,共同でARマーカーを活用した屋内でのドローン制御を開発した(ニュースリリース)。

ドローンに搭載したARマーカーを俯瞰カメラによって認識し,ドローンの3次元位置を計測する。さらに,画角が一部分重なるように設置された複数のカメラ映像が一つの空間としてPC上に構築されるため,長い廊下や大規模倉庫など1台のカメラではカバーできない広範囲の空間における自律飛行制御を可能とした。

ARマーカーを用いた制御システムは,佐賀大学が開発,ドローンに実装した。アトラックラボは,ドローンの自律制御や通信などを担当した。

従来,ドローンのGPSを用いない自律飛行制御では,LiDARやステレオカメラが必要だったが,この方式では安価なWEBカメラなどが使用できるため,コスト面でも大きなアドバンテージがあるという。

研究グループは今後,ドローンだけでなく,屋内をUVを用いて消毒したり,ビニールハウスで農薬散布や収穫の援用を行う自律型ローバー(車両型ロボット)の制御など,コストの制限が大きい分野などに応用していくとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,vSLAMの処理時間を1/60に削減 2021年10月13日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日
  • オンセミのセンサー,ロボットタクシーに採用 2021年07月15日
  • ローム,LiDAR向け高出力LDを開発 2021年07月15日
  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • 阪大ら,ドローンと光通信技術で煙突内壁を透視 2021年06月01日