スタンレー,深紫外LEDの一貫製造体制を構築

スタンレー電気は,265nmの深紫外LEDについて,同社グループ内で,半導体基板からLEDパッケージに至るまでの一貫生産体制を構築した(ニューリリース)。

同社はすでに「関連する特許,ノウハウ,及び開発・生産設備」を用いた「LED 素子化工程」や,「窒化アルミニウム(AlN)半導体基板製造工程」を有していたが,今回,高出力化に効果のある「AlN 膜形成工程」の内製化が完了したことで,全工程をグループ内で完結し,製品を安価かつ安定的に生産することが可能となった。

また,同社製「波長265nm深紫外LED」については,新型コロナウイルス不活化の効果について高い有効性が確認できたことを確認。その後,山口大学と共同で,3つの波長(254nm・265nm・280nm)による新型コロナウイルス不活化の有効性に関する評価試験を行なった結果,254nm と265nmは,280nmに比べておよそ1.8倍の有効性を確認している。

同社はこの有効性が確認された265nm深紫外LEDと254nm冷陰極型紫外線ランプによって,各種ウイルス感染を抑制するための空気殺菌や表面殺菌,安全な飲水を確保するための水殺菌など様々な用途での活用を目指し,事業を拡大していくとしている。

その他関連ニュース

  • 日亜,280nm深紫外LEDの量産開始 2021年10月12日
  • 東洋エレ,UVC-LEDパッケージを販売 2021年10月05日
  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • 2027年,ワイドバンドギャップ半導体市場325億円 2021年09月29日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日