ウシオら,222nmLEDの安全性と殺菌効果を確認

神戸大学とウシオ電機は,両社が共同で研究を進めていた222nm紫外線直接照射による人体皮膚への安全性および殺菌効果の検証に関する論文が,米国科学雑誌「PLOS ONE」に8月12日(現地時間)付けで掲載されたと発表した(ニュースリリース)。

ウシオの222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化ユニット「SafeZoneUVC device」を用いて500mJ/cm2の222nm紫外線を20人の正常皮膚に直接照射し,急性障害である紅斑の発生なく常在菌を殺菌した。これにより,222nm紫外線の人体皮膚への安全性と殺菌効果の両立が立証されたとする。

これまでのマウスを対象とした検証では,222nm紫外線の繰り返し照射による皮膚細胞のダメージテストおよび発がん試験にて安全性を確認し,角膜炎,白内障といった目に対する影響もないことを確認している。

今後,両者は医療分野における紫外線活用の研究をさらに進め,将来的には外科手術中の術野消毒や殺菌を目的とした医療機器の開発を目指す。また今回,人体皮膚への安全性が立証されたことで,ウシオが進めている病院や学校,商業施設や交通機関などにおける有人環境下での,222nm紫外線を用いた紫外線殺菌・不活化がさらに現実的となるとしている。

その他関連ニュース

  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日