サンテック,LiDAR技術がOSA誌に掲載

サンテックのLiDAR技術「Swept Source Lidar」に関する論文が,OSA(米国光学会)の「Optics Express」に掲載された(ニュースリリース)。

論文では,同社独自のLiDAR方式である「Swept Source Lidar」を提案し,その原理実証を行なった。Swept Source Lidarは,波長分散による非機械式ビーム偏向とFMCW(Frequency-modulated continuous-wave)法による距離計測を,同時かつ連続的に実行する。

これにより,シンプルなソリッドステート式FMCW LiDARの実現が可能となるという。実証には波長掃引OCT(SS-OCT)技術を応用し,FMCW LiDARを実現した。また,論文では車載応用に向けた実現可能性やシステムの拡張性についても議論しているという。

その他関連ニュース

  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日
  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日
  • 光響,地上設置型LiDARを発売 2021年08月26日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日
  • オンセミのセンサー,ロボットタクシーに採用 2021年07月15日
  • ローム,LiDAR向け高出力LDを開発 2021年07月15日
  • 京大,フォトニック結晶レーザーLiDARを小型化 2021年07月15日
  • 3D
    ドコモら,点群データ活用のアライアンスを設立 2021年06月17日