UACJら,銅の抗菌性を持つ透明フィルムを開発

アルミニウム圧延メーカーのUACJと名古屋市立大学は,銅が持つ抗菌効果を医療現場へ応用する産学共同研究を行ない,銅の抗菌効果を有する透明フィルムを開発した(ニュースリリース)。

開発した銅のフィルムを用いて,黄色ブドウ球菌および大腸菌に対する抗菌効果を調べたところ,銅フィルム上では黄色ブドウ球菌は50分以内に,大腸菌は30分以内に死滅した。一方,銅を付着しないフィルムでは細菌の減少効果は認められなかったという。

一般的に銅は銀と同様に高い抗菌作用を有していることから,古くから生活用品や工業製品にも使用されてきた。今回,研究グループが共同開発した銅の透明フィルムは,フェイスシールドやパソコン用キーボードのカバー,医療機器の操作パネルカバーなどに広く応用が可能で,医療現場における細菌やウィルスの接触感染拡大の防止への効果が期待されるとしている。

今後,研究グループは,他の細菌やウィルスへの効果検証を実施し,このフィルムを医療現場だけでなく,介護や保育など他の現場への導入を目指していくとしている。

その他関連ニュース

  • 旭化成ら,深紫外LEDで車両の空気殺菌する実証開始 2024年02月27日
  • 立命大,銅の微細構造を簡易形成する加工技術を開発 2024年01月26日
  • 産総研ら,ウミホタルの発光で迅速にウィルス検出 2024年01月18日
  • 阪大ら,3Dプリンティングで骨構造の抗菌性を実証 2023年09月29日
  • 北大,ニュートリノと光の相互作用の解明に成功 2023年09月15日
  • 阪大ら,新構造デバイスによる深紫外光発生に成功 2023年09月13日
  • 日機装,深紫外線LED水除菌モジュールを発売 2023年09月05日
  • 2022年の高機能フィルム出荷,前年比70~80%に 2023年08月21日