カネカのシースルー太陽電池,国立競技場に採用

カネカの高効率結晶系シースルー太陽電池が,国立競技場に採用された(ニュースリリース)。

今回採用されたシースルー太陽電池は一般建築物の天窓や窓などの開口部向けに開発された。合わせガラスの間にストライプ状の結晶系シリコン太陽電池を配置することで採光性と眺望性が確保され,網入りガラスを複層化した火災安全機能が付与されている。

ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)に貢献する創エネルギー技術として,環境経営やBCP(Business Continuity Plan,事業継続計画)を強化する企業,公共施設などに積極的に提案しており,採用検討が進んでいるという。

同社は住宅向け太陽光発電システムに加えて,住宅以外の建物や高層ビルなどの建築物の壁や窓などのあらゆる箇所に設置でき,建築物デザイナーの意匠要求にも応える独自の太陽電池製品を開発していくとしている。

その他関連ニュース

  • 東芝,大面積ペロブスカイト太陽電池で15.1% 2021年09月10日
  • ENEOSら,透明太陽光発電パネルを窓とする実験 2021年09月06日
  • フジクラら,IoT機器向け太陽電池電源を開発 2021年08月27日
  • リコーと九大,IoT向け有機薄膜太陽電池を開発 2021年08月18日
  • 京大,太陽電池一体型熱光発電デバイスを開発 2021年08月16日
  • 関学ら,光合成を模した有機PVの動作機構を解明 2021年08月16日
  • GSアライアンス,印刷方式量子ドット太陽電池開発 2021年07月20日
  • AGCの太陽光発電ガラス,産総研のキャノピーに 2021年06月29日