トリナ・ソーラー,c-Si太陽電池で変換効率24.58%

トリナ・ソーラーは,2019年5月28日,高効率のN型単結晶シリコン(c-Si)i-TOPCon(Tunnel Oxide Passivated Contact:量産型)太陽電池セルで,変換効率24.58%という世界記録を樹立したことを発表した(ニュースリリース)。

今回,世界記録を達成した両面発電型セルは,244.62cm2の大型サイズのウエハーに,表面にボロンエミッタと裏面にパッシベーション膜を用いた高度なi-TOPCon技術を用いて,低コストな量産プロセスで製造された。

両面発電型セルは,表側の変換効率が24.58%を達成した。この結果は,ドイツの独立認定機関「ISFH CalTeC」によって確認されたとしている。

その他関連ニュース

  • リコー,色素増感太陽電池の発電量を20%向上 2021年05月13日
  • 九大ら,ペロブスカイトの吸収波長を長波長化 2021年05月07日
  • 原研ら,次世代太陽電池材料を高効率化・長寿命化 2021年04月01日
  • NPACら,太陽電池向け加飾フィルムを開発 2021年03月31日
  • 東北大,pnホモ接合の硫化スズ太陽電池を検証 2021年03月10日
  • 阪大,高分子太陽電池材料を探る人工知能を開発 2021年03月05日
  • 2020年度第3四半期太陽電池出荷量,前年比88%に 2021年03月03日
  • 電通大,中間バンド太陽電池の2段階光吸収に成功 2021年03月03日