トリナ・ソーラー,c-Si太陽電池で変換効率24.58%

トリナ・ソーラーは,2019年5月28日,高効率のN型単結晶シリコン(c-Si)i-TOPCon(Tunnel Oxide Passivated Contact:量産型)太陽電池セルで,変換効率24.58%という世界記録を樹立したことを発表した(ニュースリリース)。

今回,世界記録を達成した両面発電型セルは,244.62cm2の大型サイズのウエハーに,表面にボロンエミッタと裏面にパッシベーション膜を用いた高度なi-TOPCon技術を用いて,低コストな量産プロセスで製造された。

両面発電型セルは,表側の変換効率が24.58%を達成した。この結果は,ドイツの独立認定機関「ISFH CalTeC」によって確認されたとしている。

その他関連ニュース

  • 佐賀大ら,中間バンド型太陽電池の光吸収電流増加 2021年11月02日
  • ソーラーフロンティア,CIS太陽電池の製造終了 2021年10月12日
  • 東芝,大面積ペロブスカイト太陽電池で15.1% 2021年09月10日
  • ENEOSら,透明太陽光発電パネルを窓とする実験 2021年09月06日
  • フジクラら,IoT機器向け太陽電池電源を開発 2021年08月27日
  • リコーと九大,IoT向け有機薄膜太陽電池を開発 2021年08月18日
  • 京大,太陽電池一体型熱光発電デバイスを開発 2021年08月16日
  • 関学ら,光合成を模した有機PVの動作機構を解明 2021年08月16日