東ソー,プリンテッドエレクトロニクス材料を開発

東ソーは,短チャネル有機トランジスタ向けプリンテッドエレクトロニクス材料(有機半導体,絶縁膜材,撥液バンク材,保護膜材)を開発した(ニュースリリース)。

有機半導体(TS5)は,溶解性と耐熱性をあわせ持ち,塗布で良好な結晶膜を形成し短チャネル有機トランジスタ(チャネル長5μm)で高移動度(1cm2/Vs以上)を発現するという。

絶縁膜材(DC100),撥液バンク材(BC400),保護膜材(DK500)はいずれも感光性を有し,低温・短時間硬化が可能であり,光パターニングにより微細な開口部を形成できるとしている。同社では,これまでに山形大学との共同研究において,有機ELディスプレーやセンサの試作・駆動実証に成功しているという。

開発した材料の主な特長は以下の通り。
・有機半導体 (TS5):高耐熱性(融点190℃),高溶解性(1.0wt%),5μmの短チャネル有機トランジスタで移動度1.0cm2/Vs以上
・保護膜材 (DK500):非フッ素系ポリマー,半導体層上に塗布・成膜が可能
・撥液バンク材 (BC400):光パターニングにより微細な開口部を形成可能(10μm角以下),有機半導体の塗り分けが可能
・絶縁膜材 (DC100):低温・短時間硬化(室温・1分以下(100mJ/cm2以下)),高絶縁耐性(4MV/cm以上),高平坦性(RMS0.3nm以下)

その他関連ニュース

  • 千葉大ら,光渦で構造色のマイクロリングを印刷 2021年10月29日
  • 東大,実用的な塗布型TFTの構築に成功 2021年10月13日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 岩手大ら,有機EL試料内部の電位分布を直接観察 2021年07月29日
  • 茨大ら,高効率・狭帯域青色有機EL用発光体を開発 2021年07月21日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 筑波大ら,次世代OLED材料の電子の動きを直接観察 2021年06月25日
  • NIMSら,紫外線照射と化学処理で線幅0.6µmを印刷 2021年05月28日