富士通のクラウド,点群データソフトを提供

CADシステム・3次元ソフトのアイサンテクノロジーは,オンプレミスで提供している「WingEarth(ウィングアース)」を新たにクラウドサービス化するにあたり,富士通マーケティングの「FUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaS(AZCLOUD IaaS)」をクラウド基盤として採用し,2018年10月1日に提供を開始する(ニュースリリース)。

3次元モデルは,測量,設計、施工、維持管理などの分野で導入が進んでいる。一方,点群処理には大容量のメモリやグラフィック性能を必要とするソフトウェアが多く,ソフトウェア使用環境の設備投資が大きな負担となっていた。 そこで,高速の3次元点群処理に定評のある「WingEarth」を,AZCLOUD IaaS基盤上でクラウドサービスとして提供することにより,初期費用の問題を解消しつつ,遠隔地を含む全てのデータをセキュアな環境で一元管理する事が可能となる。

WingEarthは,国土交通省が推進する「i-Construction®」に対応する大規模3次元点群処理ツール。3次元計測によって取得される点群データを基に,土量計算,ヒートマップの作成,および出来形合否判定総括表の出力など,幅広い出力データを作成できる。 新開発の3次元点群処理エンジンによる大量点群読み込みに対応し,ワンクリックで点群を自動物体認識,エッジ抽出機能,3Dメッシュ作成機能などの点群処理機能を実現した。

集積した点群データを即時に共有できることで,業務効率化を実現。現場で集積した点群データはその場でクラウド上に保存され,関係者と即時に共有することができる。そのため,計測から点群の編集,各種図の制作など一連の工程において,スピーディーに業務を行なうことができる。

「AZCLOUD IaaS」を利用することで,データのバックアップや復元も可能となり,BCP対策として活用する事ができる。高性能なPCでなくても点群の表示,編集が可能となるため,職場のデスクトップPCに加え,自宅のノートPCを用いて点群処理を行なったり,現場のタブレットPCでデータを閲覧したりすることが可能。そのため,ハード設備の投資を抑えることができるとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • 3D
    ドコモら,点群データ活用のアライアンスを設立 2021年06月17日
  • 東大,デジカメだけで植物を3次元データ化 2021年06月16日
  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • 阪大ら,ドローンと光通信技術で煙突内壁を透視 2021年06月01日
  • NII,誤差のあるセンサーでもソフト変換で安全に 2021年05月27日
  • FLIR,ドローン向け赤外線カメラを発売 2021年05月17日
  • オフィールジャパン,ドローン用ズームレンズ発売 2021年05月06日