リコー,路面状態まで捉えるADAS向け3Dカメラを発売

リコーインダストリアルソリューションズは,自動運転技術のニーズが急速に拡大する自動車業界向けに,デンスステレオマッチング技術(高密度視差演算技術)を採用した車載用ステレオカメラをデンソーと共同開発し,2017年9月に量産を開始した(ニュースリリースhatubai )。

このステレオカメラは,3次元画像処理技術に同社独自のデンスステレオマッチング技術を採用することで,歩行者や車両,ガードレールなどの障害物の検出に加え,路面の状態まで認識することを可能にした。これにより車両が走行可能な路面(フリースペース)の検出が可能となり,ハンドル制御による障害物回避の実現に貢献する。

従来型のステレオカメラは,エッジ検出を用いた視差演算を行なうため,路面の凹凸などを正確に検知することはできなかった。これに対し,デンスステレオマッチング技術は,車両周辺を高密度に3次元で検知でき,路面の細かい凹凸まで検出が可能という特長がある。

しかしながら,膨大なデータを処理するため,自動車用安全装置に求められるリアルタイム性に課題があったが,今回,データ処理の高速化を行なうことにより,業界に先駆けてこの技術を採用した車載用ステレオカメラの量産に成功した。同社の生産センターでは,この車載用ステレオカメラを生産開始から累計約2万台出荷しているという。

同社は今後,ニーズが拡大・高度化する自動運転・ADAS(先進運転支援システム)分野でのさらなる事業拡大を図るため,グループ各社と連携し研究開発を加速するとしている。

その他関連ニュース

  • リコーら,フォークリフト用ステレオカメラ開発 2021年10月18日
  • 東北大ら,vSLAMの処理時間を1/60に削減 2021年10月13日
  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日
  • OKI,車載カメラのフォギング試験サービスを開始 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日
  • オンセミのセンサー,ロボットタクシーに採用 2021年07月15日
  • ローム,LiDAR向け高出力LDを開発 2021年07月15日