シャープ,業界最高の光出力の緑色半導体レーザーを発売

シャープは,業界最高の光出力130mWを実現した緑色半導体レーザー2モデル「GH0521DA2G/GH0521DA5G」の量産を,10月より開始すると発表した(ニュースリリース)。サンプル価格は10,800円。

半導体レーザーは,ヘッド・アップ・ディスプレー(HUD)やヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)など,レーザディスプレーの光源として活用の幅が拡がっている。

開発した緑色レーザーは,同社従来モデルの約4.3倍にあたる,業界最高の光出力130mWを実現した。光の三原色である赤色・緑色・青色のうち,緑色は,同じ光出力でも他の色より明るく感じるという人の視感度特性があることから,レーザディスプレーの高輝度化に大きく貢献できるとしている。また,光の波長を520nmに長波長化した。これにより,色再現性が向上し,より色鮮やかな映像の表示が可能となるという。

各モデルは,標準的な直径5.6mmと,小型化ニーズに対応する直径3.8mmとなっている。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • HOYA,視覚障がい者向け電子眼鏡事業を分社化 2021年04月02日
  • FASE,内視鏡手術向けHMDを発売 2021年03月29日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日