シャープ,6インチ単結晶Si太陽電池で25.09%を達成

シャープは,6インチサイズの単結晶シリコン太陽電池セルにおいて,世界最高となる変換効率25.09%を達成したと発表した(ニュースリリース)。

同社の高効率な太陽電池モジュール「BLACKSOLAR(ブラックソーラー)」のバックコンタクト構造と,単結晶シリコン基板の表面にアモルファスシリコン膜を形成するヘテロ接合の技術を融合した「ヘテロ接合バックコンタクト構造」により,単結晶シリコン太陽電池セルの高効率化を実現した。

この太陽電池セルは,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施するプロジェクト「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」の一環として同社が開発し,電気安全環境研究所(JET)が変換効率を測定した。

その他関連ニュース

  • リコー,色素増感太陽電池の発電量を20%向上 2021年05月13日
  • 九大ら,ペロブスカイトの吸収波長を長波長化 2021年05月07日
  • 原研ら,次世代太陽電池材料を高効率化・長寿命化 2021年04月01日
  • NPACら,太陽電池向け加飾フィルムを開発 2021年03月31日
  • 東北大,pnホモ接合の硫化スズ太陽電池を検証 2021年03月10日
  • 阪大,高分子太陽電池材料を探る人工知能を開発 2021年03月05日
  • 2020年度第3四半期太陽電池出荷量,前年比88%に 2021年03月03日
  • 電通大,中間バンド太陽電池の2段階光吸収に成功 2021年03月03日