シャープ,6インチ単結晶Si太陽電池で25.09%を達成

シャープは,6インチサイズの単結晶シリコン太陽電池セルにおいて,世界最高となる変換効率25.09%を達成したと発表した(ニュースリリース)。

同社の高効率な太陽電池モジュール「BLACKSOLAR(ブラックソーラー)」のバックコンタクト構造と,単結晶シリコン基板の表面にアモルファスシリコン膜を形成するヘテロ接合の技術を融合した「ヘテロ接合バックコンタクト構造」により,単結晶シリコン太陽電池セルの高効率化を実現した。

この太陽電池セルは,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施するプロジェクト「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」の一環として同社が開発し,電気安全環境研究所(JET)が変換効率を測定した。

その他関連ニュース

  • ソーラーフロンティア,CIS太陽電池の製造終了 2021年10月12日
  • 東芝,大面積ペロブスカイト太陽電池で15.1% 2021年09月10日
  • ENEOSら,透明太陽光発電パネルを窓とする実験 2021年09月06日
  • フジクラら,IoT機器向け太陽電池電源を開発 2021年08月27日
  • リコーと九大,IoT向け有機薄膜太陽電池を開発 2021年08月18日
  • 京大,太陽電池一体型熱光発電デバイスを開発 2021年08月16日
  • 関学ら,光合成を模した有機PVの動作機構を解明 2021年08月16日
  • GSアライアンス,印刷方式量子ドット太陽電池開発 2021年07月20日