TriLumina,CESでVCSELによるLiDARモジュールを展示

米TriLuminaは,Consumer Electronics Show 2018(CES,2018年1月9日~12日 ラスベガス)で,940nm VCSELモジュールの使用例を紹介する(ニュースリリース)。

このモジュールを搭載した新しいソリッドステート3D LiDARシステムを,ウエストゲートホテルのスイートルームとLeddar Ecosystem Pavilionで展示する。

新規LiDARシステムは,LiDARを開発する加LeddarTechの3D LiDARプラットフォームに同社の照明技術を統合したもの。Leddarのデジタル信号処理アルゴリズムを活用して最適化したことで,信頼性の高い高性能で低コストのソリッドステートLiDARソリューションを迅速に提供し,ADASおよび自律駆動アプリケーションのマスマーケット展開を加速する。

同社の3Dセンシング用モジュールも,Westgate hotelにて展示する。高密度VCSELアレーにより,低コストで高性能な照明を実現し,3Dセンシングにおける無数のアプリケーションを実現するとしている。

特許取得済みのモノリシックマイクロレンズは,民生用および産業用アプリケーションのサイズとコストを大幅に削減する。このモジュールは,ToF型,フラッシュ型または3Dスキャンなどのアプリケーションで使用できるという。

同社では,特許を取得したバックエミッションのフリップチップVCSELアレーとドライバ回路を使用して,高効率/高性能の照明ソリューションを提供している。

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,産業用LiDAR向けLDを発表 2021年12月02日
  • 横国大ら,新方式ライダーを開発 2021年10月25日
  • ams OSRAM,VCSELモジュールを発表 2021年10月19日
  • リコーら,フォークリフト用ステレオカメラ開発 2021年10月18日
  • 東北大ら,vSLAMの処理時間を1/60に削減 2021年10月13日
  • 北陽電機,LiDARスタートアップと協業 2021年09月29日
  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日
  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日