産総研ら,駆動する有機EL内部の電荷の挙動を観測

産業技術総合研究所(産総研)は,次世代化学材料評価技術研究組合(CEREBA)と,有機EL素子駆動時の内部の電荷の挙動を,分子レベルで非破壊計測できる新たなオペランド計測技術を開発した(ニュースリリース)。

標準的な多層積層有機EL素子では発光層の前後に電子や正孔を運ぶための有機層がある。高機能化,省エネルギー化には電荷を効率よく発光層まで到達させる必要があり,有機層内部や界面での電荷の生成,輸送挙動を調べることが求められる。

しかしこれまでの計測方法では,複数の有機層の情報が重なったデータから個々の有機層や,電荷の状態を取り出すことは困難だった。

今回開発した計測手法は最先端の非線形レーザー分光法である和周波発生分光法(SFG分光法)により,有機EL素子にパルス電圧をかけた際に生成される有機カチオン種(正電荷)と有機アニオン種(負電荷)の生成・輸送・界面での電荷再結合挙動を数10ナノ秒スケールで計測することが可能で,発光している有機EL素子内部の分子や電荷の状態をリアルタイムで評価できる。

この計測手法により,次世代テレビやスマートフォンなどで用いられる有機EL素子の動作機構解明や長寿命化,さらに省エネルギー化,低コスト化のための新規材料開発や,それらを実際の素子に組み込んだ際の実際の電荷輸送特性を分子レベルの情報から直接解き明かすことが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 茨城大ら,凝集状態で円偏光発光する機構を解明 2022年06月13日
  • 農工大ら,有機自発配向分極薄膜の極性と電位制御 2022年05月31日
  • 出光,青色OLEDの発光効率と長寿命化に成功 2022年05月16日
  • 広島大,三原色発光の配向膜をセルロースで作製 2022年02月16日
  • 近大ら,円偏光を発生するOLEDを開発 2022年01月17日
  • 分子研ら,世界最小電圧で発光する有機ELを開発 2022年01月07日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 岩手大ら,有機EL試料内部の電位分布を直接観察 2021年07月29日