秋田県立大,アボカドの表皮に光照射し食べ頃を予測

秋田県立大学の研究グループは,アボカドの食べ頃を非破壊計測と保存温度により予測する技術を開発した(ニュースリリース)。

アボカドは栄養価が高く,世界規模で生産量が増加している。一方でアボカドは傷みやすいため,適時かつ適切に調整された収穫と収穫後の処理が必要となっている。

日本において流通しているアボカドの99%は輸入によるものであり,その品質管理はより重要となっている。アボカドは適切な食べ頃の時期を判断するのが難しく,非破壊で適切な熟度を判断する技術が求められている。加えて保存温度により熟度がどのように変化するかの基準も求められている。

研究によって,アボカドの表皮に光を照射,光の波長に対応する反射強度を測定し,その値を処理した値と,官能試験から得られたアボカドの熟度の指標との関係より,非破壊でアボカドの熟度を測定することが可能になった。さらに,その後の保存温度を計測することで,アボカドの熟度の増加量(食べ頃)予測が可能になった。

研究グループは,今後,今回の研究の研究成果をもとに,企業との共同研究などを実施し,アボカドの熟度を非破壊で測定する機器の開発を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 【OPK】レーザーで害虫を撃墜,未来の農業をデモ 2024年07月17日
  • 阪大ら,レーザーで中性子を生成し非破壊計測を実証 2024年07月16日
  • 理研ら,光合成細菌を窒素肥料として利用可能に 2024年06月12日
  • 秋田県立大,野菜の根への光照射が成長に影響と発見 2024年06月10日
  • 東大ら,高い光合成能力を持つトマトを発見
    東大ら,高い光合成能力を持つトマトを発見 2024年04月15日
  • マクニカ,植物工場の先端技術実装に向けた拠点開設 2024年03月28日
  • 広島大,遮光による茶葉表皮細胞への影響を解析 2024年03月25日
  • 東大ら,効果的に防除できる赤色防虫ネットを開発 2024年02月15日