山形大,有機EL関連特許でベンチャー設立

山形大学・産学連携教授の菰田卓哉氏と教授の城戸淳二氏らは,山形大学が保有する有機ELなど関連特許を活用した有機半導体材料の研究開発,製造販売を行なうベンチャー企業「フラスク」を設立すると発表した(ニュースリリース:PDF中程)。

資本金は500万円で,代表取締役社長には菰田氏が就任し,城戸氏は最高技術責任者を務める。

城戸教授らは,これまで科学技術振興機構(JST)の大型プロジェクトである地域卓越研究者戦略的結集プログラム(2009~2014年),戦略的イノベーション創出推進プログラム(2009~),革新的イノベーション創出プログラム(2014~)を実施し,有機ELなど有機半導体デバイス用の材料を開発して数多くの特許を出願し,取得してきた。

新会社ではこれら特許化した材料の製造や,新規な有機半導体材料の研究開発から製造までを行ない,有機ELディスプレイメーカーや有機EL照明パネルメーカーなどに販売する。山形大学としては9社目の大学発ベンチャーで,今後有機EL・太陽電池関連メーカーや国・地方自治体との協働により新たなビジネスモデルを構築するとしている。

その他関連ニュース

  • 近大ら,円偏光を発生するOLEDを開発 2022年01月17日
  • 分子研ら,世界最小電圧で発光する有機ELを開発 2022年01月07日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 岩手大ら,有機EL試料内部の電位分布を直接観察 2021年07月29日
  • 茨大ら,高効率・狭帯域青色有機EL用発光体を開発 2021年07月21日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 筑波大ら,次世代OLED材料の電子の動きを直接観察 2021年06月25日
  • 三菱ケミら,有機EL材料の励起状態を量子計算 2021年05月26日