住友化学,有機EL照明に新シリーズ追加

住友化学は,温かみと奥行きを表現可能な有機 EL 照明パネル 「Layer シリーズ」を開発した(ニュースリリース)。

このシリーズは,同社の独自技術によって,発光部分の光色・形状や,透明な領域を自由にデザインできる有機EL照明パネル。

照明パネルを重ね合わせるという新たな発想で奥行きを生み出し,面光源であるが故にメタリックな印象であった有機EL照明器具に,自然な温かみを与えることができるとしている。

同社はこの製品を,2017年3月7日に東京ビッグサイトで開幕する「ライティング・フェア2017(第13回国際照明総合展)」に出展する。

その他関連ニュース

  • 近大ら,円偏光を発生するOLEDを開発 2022年01月17日
  • 分子研ら,世界最小電圧で発光する有機ELを開発 2022年01月07日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 岩手大ら,有機EL試料内部の電位分布を直接観察 2021年07月29日
  • 茨大ら,高効率・狭帯域青色有機EL用発光体を開発 2021年07月21日
  • 双葉電子,カラー有機ELディスプレーを開発 2021年07月15日
  • 筑波大ら,次世代OLED材料の電子の動きを直接観察 2021年06月25日
  • 三菱ケミら,有機EL材料の励起状態を量子計算 2021年05月26日